お腹を冷やさない食品選びも大事です。

お腹を冷やさない食品を選ぶ。

 

 

 

食品の中には
身体を冷やすもの
身体を温めるのものがあります。

 

身体を冷やすことが
お腹を冷やし
突然の腹痛になります。

 

身体を温める食べ物だけ
食べれば良いような気がします。

 

でも、それでは
栄養のバランスが取れなくなります。

スポンサードリンク

 

冷やすもの温めるものを知る。

 

身体を冷やす食品と、
温める食品を知りましょう

 

両方をバランスよく、
調理して食べることが、
突然の腹痛にも良いのです。

 

また、身体の健康のためにも、
必要になってきます。

 

身体を冷やす食品。

 

それでは、
どんな食品があるのでしょう。

 

まずは、身体を冷やす
主な食品は次のものです。

 

ナス・トマト・きゅうり・
レタス・すいか・バナナ・梨などと、
飲み物では、牛乳・ビールなどです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

身体を温める食品。

 

次に身体を温める
主な食品は下記のとおりです。

 

にんじん・いも・にら・ねぎ・
しょうが・にんにく、などの野菜と。

 

いわし・エビ・アナゴ・もち米・
牛肉・鶏肉などです。

 

こうしてみると、
サラダに使う生野菜などは、
身体を冷やす食品。

 

土の中や、
海の中で育つものは、
身体を温める食品のようですね。

 

 

野菜にも温めるものと冷やすもの。

 

 

食品のバランスを取る工夫。

 

昔からある料理の調理法には、
これらの食品を、
組み合わせています。

 

冷やすと温めるの、
バランスを取る工夫が見られます。

 

 

ねぎは薬味の万能選手です。

 

 

たとえば、冷ややっこの薬味に、
しょうがやねぎを使うのは、
美味しさを引き立てるだけではありません。

 

身体を冷やす食品と、
温める食品でバランスが取れています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

スパイスも身体を温めます。

 

また、スパイス類に、
使われる食品は、
身体を温める食品が多いですね。

 

しょうが、ねぎ、にら、にんにくなどは、
薬味を始め、
料理の下味にも使われる食品です。

 

これらの食品は、
身体をあたためて、
疲労回復の効果もあります。

 

そのために、
その成分が健康食品の、
原料にもなっています。

 

普段の食事でもバランスを取る。

 

ただし、これらの食品が、
身体に良いからといって、
取り過ぎはダメですよ。

 

刺激が強すぎて、
逆効果になります。
やはりバランスが必要になります。

 

お腹を冷やし、
お腹が痛くならないためには、
食品を選ぶことも大事です。

 

身体を冷やす食品と、
身体を温める食品を知り、
バランスよく取ることが必要です。

 

お腹を冷やさない食品
関連記事
突然の腹痛に備える食生活。

 

あなたもこれらの食品を、
上手に取りながら、
身体を冷やさずに、
突然の腹痛を予防してくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク