腹痛には冷やさないことも大事。

冷やさないことも対処法。 

 

 

 

突然の腹痛の原因に
身体の冷えがあります。

 

体が冷えると
血の巡りが悪くなり
体のバランスが崩れ易くなります。

 

体が冷えると、
なぜ腹痛が起こりやすくなるのは
お腹には
内臓が集中しているからです。

スポンサードリンク

 

内蔵では酵素が働きます。

 

これらの内臓は、
食べ物を消化と吸収して
体に必要な物質を合成しています。

 

そのような働きは、
体内の酵素が行っています。

 

酵素の特徴は、
周辺の温度環境で、
その働きが著しく変化します。

 

 

食べ物の消化と吸収は酵素の働き。

 

 

体温低下で酵素が働かない。

 

大人の場合は、
39度位で、
酵素が活発に働くと言われています。

 

しかし、体を冷やして、
その温度が少しでも下がると、
酵素が活動しづらくなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

身体を冷やすと腹痛になります。

 

そうなると消化不良や、
下痢を起こしてしまい、
突然の腹痛につながるのです。

 

ですから、突然の腹痛に、
対処する方法として、
体を冷やさないことも大切です。

 

身体を冷やさない工夫を。

 

お腹を冷やさないようにするには、
体を冷やさない、
食べ物を摂ることです。

 

同時にお腹を冷やさないように、
腹巻などを使って、
体温調節を行うことが考えられます。

 

食べ物は、夏になると
冷たい食べ物を欲しくなりますが、
摂り過ぎないように注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

食べ物で冷やしたり温めたりします。

 

食べ物には、種類により、
体を冷やす働きを持つもの、
暖める働きをするものがあります。

 

季節に応じて、
これらの食べ物を、
適度に使い分けて摂る様にします。

 

 

身体を温める食べ物を摂る。

 

 

身体を冷やさない服装。

 

服装については、
真夏にお腹を冷やさないように、
腹巻をする。

 

スカートなど、
足を出す服装は、
お腹の冷えにつながりやすいです。

 

冬場のスカートは、
控えめにするなどの、
工夫をしてみましょう。

 

その他に身体を冷やさない工夫
腹痛につながる冷え性の対処方法。

 

 

このような腹痛の対処法として、
身体を冷やさない工夫も、
大事なことなのですよ。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク