ウォーキングはストレスだって解消します。

ストレスをウォーキングで治す。

 

 

 

京都には哲学の道と呼ばれる
哲学者たちが
思索をしながら散歩をした道があります。

 

その他、偉大な発見や
新しい考えは
歩いているときになされました。

 

考えが行き詰まったり
また、心が落ち込みそうになったら
歩いてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 

ウォーキングで手軽にリフレッシュ。

 

ウォーキングは、
手軽にリフレッシュできる方法としては、
最高なものかもしれません。

 

私も歩くことで、
会社のストレスが消え
やる気が出てきました。

 

 

ウォーキングでストレスが消えました。

 

 

血液の循環が良くなります。

 

私が思うに、
歩きながら、
常に酸素を取り込んでいますよね。

 

これが血液の循環を、
よくすると思うのです。

 

血液の循環が良くなれば、
血圧も安定してきます。

 

さらに血液は、
脳細胞にもいきわたります。

 

いわゆる血のめぐりがよくなり、
頭も冴えてきます。

 

 

ウォーキングで血のめぐりが良くなる。

 

 

ですから歩くと、
ひらめきが出るのではないかと、
思うのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

いつも「歩きなさい」と言われます。

 

私の主治医のお医者様は、
ちゃんと歩いていますかと言われます。
実は、私は高血圧でもあるのです。

 

病院から処方された、
血圧の薬を毎日飲んでいます。

 

そのお医者様にも、
「適度な運動をしなさい。」と言われます。
特に歩くことを強く勧められています。

 

 

いつも歩くことを勧められます。

 

 

歩くことは病気予防に必要。

 

歩くことは、もはやリフレッシュだけでなく、
血液循環の病気予防にも、
欠かせないことなのです。

 

あの恐ろしい脳梗塞や
心筋梗塞にならないために歩きましょう。

 

もちろん、足腰を使うことで、
胃腸の機能も高めますので、
ウォーキングは腹痛の予防にもなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

有酸素運動でもあります。

 

さらに歩くことは、
全身の筋肉を使いますので、
沢山の酸素を送る必要があります。

 

そのために、
肺や心臓が活発に動きます。

 

これが
有酸素運動です。

 

この有酸素運動は、
心肺の機能を高めます。

 

 

心肺機能が高まるといいことが。

 

心肺機能が高まると
スタミナすなわち持久力を
高めることになります。

 

さらに、歩くことは、
身体に溜まっていた脂肪を
燃焼させることで体脂肪を減らすのです。

 

 

ウォーキングは有酸素運動です。

 

 

そして、
歩く衝撃が骨を丈夫にします、
まさに、いいことずくめですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングの歩数の目安。

 

なお、
ウォーキングの目標の歩数は、
1日に1万歩と言われます。

 

これは、1日に消費すべき、
エネルギーの適正量が
ウォーキング一万歩分の、
エネルギー消費量に相当するからです。

 

でもウォーキングを
始めたばかりの方や
時間のない方については。

 

一万歩を目標としながらも
自分のペースにあった
歩数でよいと思います。

 

 

自分のペースでウォーキング。

 

 

手軽な腹痛予防の方法。

 

もちろん、
このサイトのテーマである、
腹痛にも効果があります。

 

その他にも血圧を安定させ、
心肺機能を高め、
体脂肪を減らせ骨まで丈夫にするのです。

 

まさに一石二鳥どころか、
五鳥・六鳥の効果があったのですね。

 

ウォーキングは、手軽に始められて、
これだけの効果が期待できるのであれば、
やらない手はありませんよね。

 

貴方も早速、
一日一万歩をめざして
ウォーキングに取り組んでみませんか。

 

 

 

 

スポンサードリンク