腹痛につながる便秘はコーヒーも原因。

便秘はコーヒーも原因。

 

 

 

便秘の解決策として
水分を多めに
取るということがあります。

 

水分は、腸内で便を
ほどよい堅さに
するために必要なものです。

 

特に夏場になると
便秘が頻繁に
起こることがあります。

 

これは、汗が沢山出てしまうので
体内の水分が、
不足するからだと考えられています。

スポンサードリンク

 

水分補給には、飲み物が必要。

 

手軽に水分補給をするには、
お水を飲みますよね。

 

お水は、
血液の流れを良くするためや、
便秘の対処法としても、
おおいに飲むべきでしょう。

 

健康維持のためには
お水が必要です。

 

でも、お水ばかり飲むというのもね。
やっぱり、お茶やコーヒーも、
飲みたいですよね。

 

 

お水は、健康にも便秘にも必要です。

 

 

お茶やコーヒーにはカフェイン。

 

一般的に、1人暮らしの男性は、
お茶をよく飲んでいる人は、
少ないそうです。

 

代わりにコーヒーを、
飲んでいる人が多いようです。

 

気をつけてほしいのは、
緑茶や紅茶、
コーヒーなどの飲み物には、
カフェインが含まれていることです。

 

 

お茶には、カフェインが含まれます。

 

 

このカフェインを多量に摂ると、
身体にさまざまな影響を及ぼします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

カフェインは利尿作用を促進。

 

お茶を飲んで、
トイレに行きたくなるのは、
このカフェインの利尿作用を、
促進する成分が、
影響していると考えられます。

 

カフェインにより、
体内の水分が、
腎臓から排出されてしまうと、
腸内の水分が不足して。
便秘が起こりやすくなるのです。

 

カフェインは交感神経も高め。

 

またカフェインは、
利尿作用だけでなく、
交感神経を高める効果もあります。

 

便意は、
副交感神経が働き、
腸のぜん動運動を促して起こります。

 

交感神経が高まると、
副交感神経が働かなくなり、
これも便秘の原因となってしまいます。

 

 

コーヒーにはカフェインが多い。

 

 

コーヒーは特に。
フェイン含有量が多いので、
飲みすぎると、
便秘がひどくなる恐れがあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

缶コーヒーも飲み過ぎに注意。

 

最近の缶コーヒーには、
さまざまな種類のものがあります。

 

本格的な味のものから
甘さも好みに合わせたものも多く、
一息入れたい時に、
飲んじゃいます。

 

 

缶コーヒーを飲んじゃいます。

 

 

でも、缶コーヒーは、1本飲むと、
インスタントコーヒーの1〜4杯と、
同じ量のカフェインを、
摂取することになるんです。

 

ですから便秘の時には、
便秘を悪化させないように、
カフェイン入りの飲み物は、
控えた方が良いようです。

 

腹痛につながる便秘の解決法。
便秘の解決法です。
参考にして下さいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク