梅干しの黒焼きは突然の腹痛に効きますよ。

突然の腹痛には梅干しの黒焼き。

 

 

 

昔から
お腹が痛くなる
梅干しを食べなさいと言われたものです。

 

梅干しはそのまま薬としても
使われることもありますが
梅干しを加工したものもあります。

 

そんな加工品の中に
昔から使われている
梅干しの黒焼きがあります。

スポンサードリンク

 

梅干しの黒焼きは家庭の常備薬。

 

梅干しの黒焼き」って、
あまりなじみがない方も、
多いのではないでしょうか。

 

実は、昔から、
家庭で作っていて、
家の常備薬としてあったそうです。

 

家内の話によると、
祖母からお腹が痛くなったりすると、
良く飲まされていたそうです。

 

家庭で作られて、
いつも用意してあったそうです。

 

梅干しの黒焼きは、
祖母が子供だった頃から、
民間療法として使われていたそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

作り方は簡単ですよ。

 

作り方は、とても簡単です。
梅干し2個を金網で、
黒く焦げる程度に焼きます。

 

焦げ過ぎて、
炭にならないようにして下さいね。

 

焦げが気になる時は、
クッキングフォイルに包んで、
じっくりと焼いても良いでしょう。

 

焼き上がった梅干しを、
茶碗に入れます。

 

梅干しを箸などでつついてほぐします。
それに熱湯を注ぎます。

 

好みに合わせて、
黒砂糖ハチミツを入れます。

 

または、番茶を注ぎ
それに醤油を入れても良いでしょう。

 

市販もされています。

 

実は、
作るのが面倒な方には、
市販品もあるのですよ。

 

自然食品を扱うお店であれば、
どこでも売っています。

 

 

市販の梅干しの黒焼きです。

 

 

わざわざ、自分の家で、
作らなくてもいいのでとても便利ですよ。

 

ただし、市販品の、
梅干し黒焼きは、
黒い粉末になっています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

実際に、飲んでみました。

 

私も市販の、
梅干しの黒焼きを飲んでみました

 

少量をコーヒーカップに入れて、
熱湯を入れるだけですのでお手軽です。

 

正直に言って、
あまり美味しいものではありません。

 

何となく焦げ臭い味がします。
まさに黒焼きの味です。

 

でも、飲んで、
1時間程すると、
お腹の痛みが和らいできました。

 

じんわりと効いてくる、
といった感じでしょうか。
漢方薬のようにゆっくり効くのでしょうね。

 

 

焦げ臭いですが効きました。

 

 

万能薬のようですよ。

 

家内が言うには、
下痢などの腹痛だけでなく、
風邪や冷え性にも効くそうです。

 

疲労回復にも良いので、
疲れた時にも飲んでいたそうです。

 

また症状が重い時は、
量を増やして飲むと良いそうですよ。

 

何だか万能薬のようですね。
梅を黒焼きすることで、
さらに梅の薬効が増すのでしょうかね。

 

あなたも、
突然の腹痛でお悩みでしたら、
梅干しの黒焼きを飲んでみますか。

 

 

 

 

スポンサードリンク