腹痛になる便秘をツボを押さえて解決。

便秘をツボを押さえて解決。

 

 

 

腹痛につながる便秘の悩み
多くの方が解決したいと
思っているのではないでしょうか。

 

特に仕事で忙しい方
運動も苦手だし
食生活の見直しも出来ない時。

 

そんな時に
便秘に良く効くつぼ
押さえる方法がありますよ。

スポンサードリンク

 

便秘に効くつぼは、あちこちに。

 

便秘解決のつぼは、
身体にたくさんあります。

 

便秘に効くと言われるつぼは、
手、お腹周り、背中の背骨沿い、
足の膝部分など多数あります。

 

主なつぼを紹介しますので、
あなたも試してくださいね。

 

 

便秘に効くつぼを押さえる。

 

手にあるつぼは、親指を使う。

 

手にあるつぼは、
手の親指と人差し指の骨が、
つながる箇所の内側に、
合谷(ごうこく)があります。

 

また手首の小指側には、
神門(しんもん)があります。

 

合谷(ごうこく)と、
神門(しんもん)は、
共に便秘に効くと言われています。

 

 

手にも便秘に効くつぼがあります。

 

 

そのつぼを、
反対側の親指を使って、
刺激してみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

足にも便秘に効くつぼ。

 

足には、内側のくるぶしから、
指4本分上あたりの、
すねの骨の裏側に、
三陰交(さんいんこう)があります。

 

また、ひざから指4本分下の、
すねの外側に、
足三里(あしさんり)があります。

 

三陰交(さんいんこう)と、
足三里(あしさんり)は、
足にある便秘によく効くつぼです。

 

 

足のつぼも押さえて下さい。

 

 

お腹のつぼを押さえる時。

 

お腹にあるつぼは、
おへそから左右に指3本分の場所に、
天枢(てんすう)があります。

 

この天枢(てんすう)を
手の中指を中心とする3本の指で、
やさしく押さえて下さいね。

 

天枢(てんすう)から下向きに、
指3本分の位置にあるのが、
天巨(てんく)というつぼです。

 

この天巨(てんく)の、
つぼを押さえるときは、
腰に手をあてて、親指で押さえます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

背中には、便秘点というつぼ。

 

背中には、親指を背中側にして、
ウェストのくびれに手を当てましょう。

 

親指があたった箇所に、
便秘点というつぼがあります。

 

この便秘点を親指で押さえます。
この時に押しながら、
腰を回すと効果的ですよ。

 

 

つぼを押さえて治すってすごい。

 

腰骨の近くの良く効くつぼ。

 

腰骨の近くには、
大腸癒(だいちょうゆ)があります。

 

大腸兪(だいちょうゆ)は、
背中の腰付近にあるつぼで、
左右に1つづつあります。

 

ベルトラインに沿って、
背骨から指2本分
外側に行った所が大腸兪です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

大腸を治す場所という意味。

 

大腸兪とは、
大腸を治す場所」と意味で、
大腸の病気に効果があります。

 

便秘以外にも、
下痢や腰痛にも効きますよ。

 

仰向けに寝て、膝をたて、
お尻を少し浮かして、
両手をグーににぎった状態で、
お尻をのせて刺激します。

 

つぼを刺激する時は、
数回押して休むを繰り返し、
リラックスしながら行いましょう。

 

 

あなたの指で便秘を治して下さいね。

 

 

つぼを押さえて便秘を治す。

 

便秘に効くつぼは、
身体中にたくさんあります。

 

つぼは、薬や器具を使わずに、
悪い所を治すってすごいですよね。

 

あなたに合ったつぼを探して、
腹痛につながる、
便秘を治して下さいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク