腹痛になる冷え性を湯たんぽで温める。

冷え性に湯たんぽで対処。

 

 

 

冷え性は、辛いものですね。
また冷え性からくる、
腹痛の原因ともなります。

 

昔からよく行われていた、
身体を温める方法として、
湯たんぽがあります。

 

今はあまり使われませんが
湯たんぽには
昔からの知恵があるのですよ。

スポンサードリンク

 

寒い朝は湯たんぽのお湯がうれしい。

 

私が思い出すのは、
子供の頃にお母さんが、
布団の中にいれてくれた湯たんぽです。

 

そして、朝に起きてから、
顔を洗う時には、
湯たんぽのお湯を使うわけです。

 

朝には、程良い温度になっています。
冷たい水で洗うより、
暖かいお湯がうれしかったです。

 

 

湯たんぽにはお湯を入れます。

 

 

最近、湯たんぽが見直されています。

 

しかし、いつの頃か大人になってから、
湯たんぽを使う機会がめっきり減りました。

 

大人になってから使う、
身体を温める暖房器具は、
すべて石油か、電気を使います。

 

とくに寝具では、
電気毛布が主流ではないでしょうか。

 

でも最近、湯たんぽが、
冷え性の温め方として見直されています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

湯たんぽは布団全体を温めます。

 

冬の寒い時に、
布団に入ったときの、
あの冷たさはいやですよね。

 

特に冷え性の方は、
手足がいつまでも冷たく、
そのためになかなか寝付けなかったりします。

 

でも湯たんぽを一つ入れて置くだけで、
布団の中を温めてくれます。

 

それも密閉状態ですので、
布団を全体的に温めるのです。

 

その温まった布団で、
朝までゆっくりと寝ることができます。

 

たった一つの湯たんぽがあるだけで、
布団にはいるのが楽しみになりますよ。

 

湯たんぽは布団以外でも。

 

湯たんぽは
持ち運びができますので、
リビングやオフィス
さらにアウトドアでも使えます。

 

 

湯たんぽは軽くて持ち運びやすくなりました。

 

 

以前の湯たんぽは、
陶器や金属製でした。

 

今では、樹脂製の容器もあり。
軽くて持ち運びに便利になりました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

オフイスでも湯たんぽは活躍中。

 

オフィスでは冷暖房が、
完備されているところが多いと思います。

 

でも冷え性の方も、
他の方と同じオフィス内にいますので、
冷え性対策として湯たんぽが有効なんです。

 

暖房でも足元まで、
温まらない時に使う方も増えています。

 

そして、その省エネの、
代表グッズとしても見直されています。

 

 

省エネグッズとしても見直されています。

 

 

湯たんぽは省エネの代表グッズ。

 

灯油を使うストーブや、
電気を使う暖房器具に比べて
湯たんぽは最初にお湯を沸かすだけ

 

温めにつかったお湯は、
朝の洗顔や、
植物の水やりにも使えます。

 

また、温めるだけでなく夏の暑い夜は、
冷たい水を入れるだけで、
涼しい布団になります。

 

冬でも夏でも使える省エネグッズです。
湯たんぽのこのような点が
見直されているのです。

 

冷え性に悩むあなたも、
この湯たんぽをおおいに利用して
腹痛にも対処してみましょうね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク