虫垂炎は盲腸とも呼ばれています。

虫垂炎は盲腸のこと。

 

 

 

突然の腹痛
痛む場所によって
原因を予測することが出来るます。

 

例えば
右側の下が傷む場合は、
虫垂炎(ちゅうすいえん)かも

 

虫垂炎は別名
盲腸(もうちょう)
とも呼びます。

スポンサードリンク

 

虫垂炎は、15人に1人。

 

虫垂炎は、
体の右下下腹部の、
小腸から大腸へとつながる部分。

 

そこから下側に、
突き出た部分を盲腸と言います。

 

その盲腸に細菌が、
侵入して炎症をおこす病気です。

 

15人に1人が、
かかると言われております。

 

虫垂炎は総合的に調べます。

 

虫垂炎にかかると、
まずお腹の上や、
へそ周辺に痛みを感じ始めます。

 

そして発熱、吐き気、嘔吐、
食欲不振が起こります。

 

その後痛みが、
お腹の右下に移動します。

 

虫垂炎の診断は、
指でさわる触診(しょくしん)や、
採血、X線撮影、超音波など、
総合的に行われます。

 

 

虫垂炎は白血球の数値が高い。

 

 

虫垂炎は、
特に血液中の白血球の、
数値が高くなるのが特徴です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

軽いと薬で治療、重いと手術。

 

現在は治療法も進んでおり、
軽い虫垂炎の場合は、
抗生物質で治療が可能です。

 

しかし、
症状が重い場合は、
手術を行うことになります。

 

お腹を開けて行う、
開腹(かいふく)手術と。

 

お腹を開けずに、
器具を使う、
腹腔鏡(ふくくうきょう)手術

 

腹腔鏡手術なら、
2・3日で退院できます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ほっておくと腹膜炎に。

 

もし突然の腹痛が、
なかなか治まらない場合は、
虫垂炎を疑うべきです。

 

虫垂炎は、
放置しても治りません。

 

治療が遅れることで、
虫垂に穴が空きます。

 

そして腹膜に炎症をおこす、
腹膜炎(ふくまくえん)
になります。

 

また、腹部の痛みは、
虫垂炎の他に、
卵巣からの出血もあります。

 

さらに、
大腸がんなどの、
他の病気の可能性もあります。

 

腹痛が治まらず、
発熱が続くようなら、
専門医の診断を受けましょう。

 

 

スポンサードリンク