腹痛、過敏性腸症候群の食事療法。

過敏性腸症候群を食事で治す。

 

 

 

突然の腹痛の一つである
過敏性腸症候群
(かびんせいちょうしょくこうぐん)

 

大人の腹痛の中でも
近年、急増して
一番多い病気と言われます。

 

過敏性腸症候群の症状は
便秘下痢
交互に繰り返します。

スポンサードリンク

 

主な原因は、ストレスです。

 

過敏性腸症候群の、
主な原因は、
ストレスと言われます。

 

職場や家庭のストレスから、
自律神経のバランスを崩し、
消化器官が機能しにくくなっています。
過敏性腸症候群は先進国病。

 

ストレスの解消と食生活の見直し。

 

症状の改善には、
ストレスの軽減・解消が一番です。

 

ストレスの解消と同時に、
食生活の改善も行うと、
症状も軽減してくるでしょう。

 

過敏性腸症候群を、
予防・改善するために、
食事療法を取り入れましょう。

 

 

まずは腸内環境を整えることから。

 

 

食事療法で、
まず考えなくてはならないことは、
腸内環境を整えることです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

腸内環境を整える食品。

 

腸内環境を整えるためには、
整腸作用に優れた食品を、
摂るようにしましょう。

 

ヨーグルトなどの、
乳酸菌のある乳製品
にんにく、梅干し、酢の物、
納豆、リンゴ、プルーンなどです。

 

乳製品は整腸効果はありますが、
身体に合わない方は、
ひかえましょうね。

 

次に腸の粘膜を守ることで、
腸内環境を整えましょう。

 

粘膜を守る成分は
ムコ多糖体、ビタミンB、ビタミンEなどです。

 

ムコ多糖体を多く含む食品は、
ヤマイモ、オクラ、モロヘイヤ。

 

ビタミンBは魚介や青菜などで、
ビタミンEは緑黄色野菜、
ナッツなどに多く含まれます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ペパーミントもリラックス効果。

 

また過敏性腸症候群の
症状を緩和するものとして
ぺパーミントが注目されています。

 

ペパーミントは整腸作用というよりも
ストレスの軽減
効果があると思われます。

 

 

リラックスも過敏性腸症候群の予防。

 

 

ミントティーは、
リラックス効果があります

 

ミントの精油を使った、
アロマテラピーでも
リラックス効果を得られます。

 

過敏性腸症候群の食事療法は、
整腸環境を整える、
食材を取ることです。

 

そして同時に、
ストレスを解消することで、
過敏性腸症候群の予防につながります。

 

 

 

 

スポンサードリンク