ガスを抜いてお腹の痛みを解消。

ガスを抜いて腹痛に対処。

 

 

 

突然の腹痛の対処として
お腹に溜まったガスの
ガス抜きも大事なことです。

 

ガスが溜まって
我慢したばかりに
腹痛を起こすことがあります。

 

ここでは
ガスがたまらないための
対処法を紹介します。

スポンサードリンク

 

ガス抜きの市販薬もあります。

 

ガスが溜まって起こる、
腹痛に対処する方法として、
市販薬でガス抜きを、
することができます。

 

ガス抜きの市販薬は、
腸内に溜まったガスの膜を薄くして
腸内に吸収されやすくします。

 

そして、乳酸菌や、
ビフィズス菌などが含まれ、
腸内の善玉菌の数を増やします。

 

また食物繊維を、
分解する消化酵素の働きで、
ガスの発生を抑えます。

 

ガス抜きの市販薬は、
ガスが溜まっていると感じたら、
食前・食間に飲むのが効果的です。

 

 

たまったらガス抜きの市販薬も。

 

 

食物繊維のとり方にも注意。

 

ガスが腸内に溜まる原因には、
ガスが発生しやすい、
食物繊維を、
含んだ食べ物を、
摂りすぎたこともあります。

 

また、ストレスや癖で、
口から空気を吸い込む量が、
多いことなども考えられます。

 

一般的には食物繊維が、
腸内環境を整え、
便秘を解消するといわれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

自分に合った量をとりましょう。

 

しかし、摂取量には、
個人差があるのです。

 

体質により、
食物繊維から発生したガスを、
溜め込んでしまう人もいます。

 

自分に合った
食物繊維の量を、
摂るように心がけましょうね。

 

ガスやゲップが出るとき。

 

ストレスで空気を口から、
大量に吸い込んでしまう、
呑気病(どんきびょう)があります。

 

飲みこんだ空気は、
ガスやゲップとなって、
外に出てきます。

 

お腹のガスで、
腹痛が治まらない場合は、
呑気病の可能性があります。

 

呑気病は、
診断を受けた後で、
薬を飲むことで治ります

 

疑いのある人は、
すぐに病院でみてもらいましょうね。

 

 

 

 

スポンサードリンク