一定の時間に食事することは大事です。

食事は一定の時間にしましょう。

 

 

 

突然の腹痛
原因と考えられるものは
色々あります。

 

ここでは、
食べることと
腹痛の関係について説明します。

 

毎日、食べる
食事を見直すことで
腹痛に備えてみましょうね。

スポンサードリンク

 

食べることと胃腸の動きは直結。

 

食べることは
胃腸の動きと排便までの流れと、
深い関係があります。

 

ですから、食事のリズムが悪くなると
それが胃腸の動きと、
排便のリズムも悪くなるのです。

 

そのため、リズムが悪くなると、
下痢になったり、
便秘になったりするのです。

 

それらで悩んでいる方は、
食べることを
見直してみる必要があります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

決まった時間に食事をとりましょう。

 

胃腸の動きや、
排便のリズムがおかしくなるのは、
食事の時間が一定していないことが、
原因である場合が多いのです。

 

1日の食事時間は
朝・昼・晩と3回ですが、
一定の時間に食事するのが良いのです。

 

でも次のような方はいませんか。
食事の時間がバラバラな方、
また食事を抜く方、
また深夜近くに食べる方、

 

そんな方々には
腹痛に悩んでいる場合も多いのです。

 

 

決まった時間の食事が腹痛を抑えます。

 

 

排便の時間を一定にしましょう。

 

朝の時間には、
排便のきっかけになる
胃腸の動きが一番活発になります。

 

理想とするのは、
早起きをして、
しっかりと朝食を食べることです。

 

その後に排便を済ませて、
スッキリとして外出することですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

朝食を摂ることでリズムを整える。

 

夕食が遅いと、
朝に食欲がわかなくなります。

 

そのために朝食を抜いたりしますと、
胃腸の動きのリズムが、
狂って便秘になったりします。

 

また、排便のきっかけになる
胃腸の動きが、
通勤時間や就業時間中に始まると、

 

それを我慢したりすることで、
排便のリズムが狂ってしまいます。

 

 

朝食で胃腸のリズムも整えます。

 

 

食事の時間を一定にしましょう。

 

食事の取り方によっては、
腹痛の原因になったりします。

 

腹痛を抑えるためには、
3回の食事の、
時間を一定にすることが必要です。

 

また、毎日の朝に、
排便ができるように、
リズムを整えることです。

 

このことが結果的に、
腹痛を抑えることになるのです。

 

 

 

 

スポンサードリンク