たばこの習慣が腹痛につながる。

たばこの習慣が腹痛になる。

 

 

 

突然の腹痛に襲われないために
食生活を含めた
生活習慣の見直しが必要です。

 

乱れた
生活習慣の中には
腹痛の原因となるものが
多数あるものです。

 

その中には
たばこの習慣も
原因の一つになります。

スポンサードリンク

 

たばこの習慣はお腹に悪い。

 

その生活習慣で、
以外なものがあります。
それが喫煙(きつえん)の習慣です。

 

たばこを吸い過ぎると、
胃腸の機能を低下して、
お腹が痛くなる原因になります。

 

 

喫煙の習慣は腹痛の原因。

 

 

たばこを吸うと落ち着く。

 

実は、私も以前は、
たばこを吸っていました。

 

それも愛煙家と、
言われるほどの本数を、
吸っていました。

 

たばこをなぜ吸うかといえば、
それは、心が、
落ち着くからだと思います。

 

 

たばこは一息つけますが。

 

 

仕事でイライラしている時などは、
たばこで一服すると、
ほっと一息つけたものです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

有害物質が含まれます。

 

現在は、
禁煙に成功して、
数年が経ちます。

 

だからというわけでは、
ありませんが。

 

たばこの煙には、
200種類以上の有害物質が、
含まれていると言われます。

 

これらの物質は、
からだにとっては刺激という、
ストレスのもとになるものです。

 

仕事のストレスから逃れるために、
身体にとってのストレスを、
吸い込んでいたという訳です。

 

ニコチンは代表。

 

これらの物質の
代表がニコチンです。

 

ニコチンには、
中枢神経を極度に、
興奮させる作用があります。

 

また、血管を収縮させて、
心拍数を増やす作用もあるのです。

 

 

たばこは、胃腸の機能を弱めます。

 

 

いずれも、
中枢神経のバランスをくずして、
結果として胃腸の機能低下を招きます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

たばこを吸うとお腹が痛くなる。

 

そのために、
たばこを良く吸う人は、
胃腸が活発に働かなくなります。

 

その結果、
たばこを良く吸うと、
おなかが痛くなるのです。

 

 

たばこを吸うとお腹が痛くなる。

 

 

禁煙が一番良いのですが。

 

たばこを吸って、
お腹が痛くなる人は、
対策を考える必要があります。

 

まず、たばこが、
腹痛につながっていることを、
認識しましょう。

 

そして、
できれば禁煙するのが、
一番良いのですが。

 

出来ない人は、
本数を減らすなど、
たばこを減らす工夫をしましょうね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク