慢性の腹痛には要注意です。

慢性の腹痛には要注意。

 

 

 

子供の頃から、
体調が悪くなると
腹痛を起こすことはよくあります。

 

腹痛の原因は、
ストレスから来る場合から、
手術が必要なものまで様々です。

 

その中で
いつもお腹が痛くなる時は
ストレスが原因かもしれません。

スポンサードリンク

 

慢性的はストレスが原因。

 

日常的に腹痛をよくおこす人は、
心理的ストレスや、
便秘が原因であることが多いです。

 

これらの腹痛を、
放置しますと、
気づかぬ間に、
重い病気へと進行してしまいます。

 

ストレスからくる腹痛。

 

心理的ストレスから、
起こす腹痛は、

 

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、
過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎

 

といった病気へと、
発展する危険性があります。

 

 

ほっておくと重大な病気に。

 

 

ストレスをそのままにすると、
様々なお腹の病気になります。
ストレス解消も大事です。

 

スポンサードリンク

 

 

時には、手術も必要に。

 

これらのどの病気も、
心理的ストレスから、
来る腹痛は、

 

手術が必要になることもあります。

 

一生付き合う病気も。

 

特に潰瘍性大腸炎は、
国が定めている難病の1つです。

 

一旦かかってしまうと、
完治することはありません。

 

症状を薬で、
コントロールしながら、
一生付き合う事になります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

便秘は腹痛の大敵です。

 

年齢や男女に関係なく、
便秘の悩みを、
抱える人は沢山います。

 

その原因は、
規則正しい排便習慣
ついていないために起こります。

 

本来なら排便は、
朝にするのが理想的です。

 

しかし通学や通勤のために、
時間に追われて、
トイレに行く時間が取れません。

 

朝の時間にできません。
便意を我慢しているうちに、
便秘になってしまいます。

 

我慢をしないことも大事。

 

外出先でも、
混んだトイレでは、
ゆったりと排泄をする、
余裕がありません。

 

そこで我慢をしていると、
便秘になってしまいます。

 

便秘対策には、
食物繊維を多量に、
含んだ食事を摂ること。

 

また排便の時間を、
確保する対処法が有効です。

 

 

 

 

スポンサードリンク