お腹を冷やさない衣服を選びましょう。

お腹を冷やさない衣服を選ぶ。

 

 

 

突然の腹痛の大敵 
お腹を冷やさないためには
身につける衣服にも気をくばりましょう。

 

まずは、衣服の中でも
下着は身体を
保温する役目があります。

 

突然の腹痛に
対処するためには
身体を冷やさない衣服が必要です。

スポンサードリンク

 

下着で身体を保温しましょう。

 

ですから、下着をつけるときは、
おへその上からお尻全体が、
すっぽりと収まるものにしましょう。

 

また、ショーツは、
下半身の保温を優先するなら、
重ねてはくのも良いかと思います。

 

 

足も冷やさないようにしましょうね。

 

 

お腹を冷やさないステテコ。

 

中高年になると、
外出する際には、
ズボン下を使う方が多くなります。

 

また若い方でも
お腹が冷え気味の方には、
ズボン下はお勧めですよ。

 

とにかく下半身やお腹が冷えて、
突然の腹痛を起こす方は、
着用した方がよいでしょう。

 

ファッショナブルなステテコも。

 

ズボン下は、昔からステテコといい、
大人の男性が、
愛用するアイテムの一つでした。

 

最近は、下着メーカーが、
ファッショナブルなステテコを、
相次いで販売するようになりました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

外でのステテコ着用を提案。

 

メーカーでは、
外でも使えるライフスタイルを、
提案しています。

 

また、女性用のステテコも、
新しいくつろぎを提案しています。

 

私は、外出時に、
ステテコだけの着用は、
少し抵抗があります。

 

それでも若い方が外出の際に、
ズボン下としての着用が、
普及すれば、

 

お腹を冷やさないためにも、
良いかと思います。

 

 

外出時のステテコはお腹を冷やしません。

 

 

身体にきつい服は良くありません。

 

身体の線を気にされる方は、
ボディスーツなどで、
身体を締め付けていませんか。

 

また、きつめのズボンや、
タイトスカートなどを着用されたり、
ウエストをベルトで絞めすぎてませんか。

 

 

タイトな服はカッコいいけど。

 

 

身体を締め付けると、
すべて血液の循環を、
妨げることになってしまいますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

自分のサイズに合ったものを。

 

血液がいきわたらないために、
お腹や足腰を冷やしてしまいます。

 

ですから、家にいるときは、
すべて身体にきつい衣服は、
身に着けない。

 

また、外出時には、
自分のサイズにあったものを、
着る様にしましょう。

 

ファッションよりも冷やさない服。

 

夏場の外出は、
サンダルで素足になりがちです。

 

冷え性の方は、夏場でも、
靴下をはいた方が、
足は冷えないでしょう。

 

特に冷房の効いた、
場所では気をつけましょう。

 

このように衣服については、
冷え性の方は、ファッションよりも、
冷やさない対策を優先しましょう。

 

身体を冷やさない関連記事
お腹が痛くなる冷え性を温めるもの

 

身体やお腹を、
冷やさない衣服を選ぶことによって、
突然の腹痛を予防しましょうね。

 

 

 

 

スポンサードリンク