運動でお腹を冷やさず腹痛を解消する。

運動でお腹を冷やさず解消する。

 

 

 

突然の腹痛で
気をつけなくてはならないのは
身体を冷やさないことです。

 

特にお腹を冷やしたり、
足と腰を冷やすと
下痢や便秘が起こりやすくなります。

 

ここでは、
お腹を冷やさない
腹痛の対処法を紹介しますね。

スポンサードリンク

 

お腹を冷やさない工夫。

 

ここでは、身体や、
お腹を冷やさない、
工夫を色々と考えてみましょう。

 

まずは、身体を動かすことです。

 

でも動かすことといっても、
何も激しいスポーツなどをしなくても
ちょっとした運動でもよいのです。

 

まずは身体を動かすことから。

 

身体やお腹が冷える、
大きな原因は、
身体の血液の循環が悪くなることです。

 

栄養やエネルギーを、
運ぶ血液が身体全体に、
いきわたらなくなったことが考えられます。

 

ですから、血液の、
循環を良くしてあげれば、
お腹や足腰の冷えを予防できます。

 

血液の循環を、
良くするためには、
身体を動かすことが一番です。

 

 

身体を動かすと血行が良くなる。

 

 

まずは散歩から始めましょう。

 

それには、ウォーキングや、
体操などでよいのです。

 

ウォーキングすることで、
血液の循環を高めて、
お腹や足腰を温めていきます。

 

まずは、散歩をすることから、
初めてみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングは身体全体を使用。

 

次第にウォーキングの、
歩き方に変えていくと良いでしょう。

 

ウォーキングは、
全身の筋肉を使う有酸素運動です。

 

なので、ウォーキングは、
お腹を温めて腹痛の予防以上に
身体の健康を保つことに、
有効な運動なのです。

 

体操でも効果あります。

 

また、ラジオやテレビで、
簡単にできる体操の番組をみながら、
手軽に体操ができます。

 

体操を毎日することで、
血液の循環を良くして、
お腹を冷やさずに、
腹痛の予防になりますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ゆっくりと入浴して温めましょう。

 

また、入浴も、
お腹や足腰を温めてくれます。

 

夏場の暑いときは、
シャワーだけで、
済ませることが多くなります。

 

お腹が冷えたり、
足腰が冷える方は、
毎日でもお風呂に入りましょう。

 

ゆるめのお湯
ゆっくりとはいると
血液の循環がよくなり、
身体の芯から温まってきます。

 

リフレッシュ効果も期待できます。

 

また入浴剤などを入れると
リラックス効果で得られ、
突然の腹痛の予防と
同時に心もリフレッシュできます。

 

お腹を冷やさない関連記事
お腹が痛くなる冷え性を温めるもの

 

突然の腹痛の大敵 
お腹を冷やさないためには、
毎日の運動入浴
血液の循環を良くしていきましょうね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク