ガス(おなら)がたまると腹痛に。

ガスがたまると腹痛になる。

 

 

 

腹痛が起こる前後に、
ガス(おなら)
出ることがあります。

 

そもそもガス(おなら)は、
出るのが当たり前で、
出さないようにすることは
出来ません。

 

そして、ガスは、
出る出ないより、
臭うか臭わないかが問題です。

スポンサードリンク

 

食べ物の腐敗が原因。

 

ガスが臭くなるのは、
食物が大腸内に滞留し、
腐敗が始まることで起こります。

 

食べかすが、
腐り始めると、
ガスが発生します。

 

これが、おならとなり、
体の外に出てきます。

 

おならがたまると老化現象に。

 

おならとなって、
出てくるだけでなく、
これらガスは、
腸の壁から吸収されます。

 

すると血液に混じって、
体中を回り
細胞や内臓に送り込まれます。

 

そして、このガスを取り込むと、
細胞は老化現象を起こします。

 

 

ガスは老化現象を起こす原因。

 

 

また、血のめぐりが悪くなり、
体調が悪くなってきます。

 

腹痛がおこるのも、
その症状の1つです。

 

腸内に溜まった滞留便は、
発がん誘発因子も含まれますので、
ガンにかかる可能性も高くなります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

炭酸飲料を飲むのは要注意。

 

腸内に食べ物のカスが、
溜まらない様にするには、
どうすればよいのでしょうか。

 

炭酸飲料をよく飲む、
早食いガムをよくかむ人は、
体内にガスが溜まり易くなります。

 

便秘がちだと、
ガスがさらに体内に、
溜まった状態になります。

 

規則正しい食事でガス予防。

 

一般的には、
規則正しい生活と、
バランスのとれた食事を、
とることが予防策となります。

 

また整腸作用の、
あると言われる、
食物繊維ですが。

 

体質によっては、
時には余分なガスを、
発生させる原因になります。

 

ガスがたまる関連記事
ガスを抜いてお腹の痛みを解消。

 

突然の腹痛の対処として、
自分の体の特徴に合った
食生活をして、
ガス対策をしてみましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク