ウォーキングで突然の腹痛に対処する。

ウォーキングでストレスに対処。

 

 

 

突然の腹痛の予防には、
自律神経のバランスを
整えることが必要でした。

 

バランスを整えることで
胃腸を動かす
交感神経の働きを良くするからです。

 

そのためには、
バランスを崩す大きな要因になる
ストレスに対処する必要がありました。

スポンサードリンク

 

ウォーキングに効用あり。

 

歩く際に
運動の要素を取り入れることで、
ストレスを抑えることができました。

 

ここでは、
さらに時間を確保して歩くこと。

 

すなわち、ウォーキングの効用について
私の経験をお伝えしますね。

 

ウォーキングでストレスに対処。

 

私も時間を取って、
近所の公園まで、
ウォーキングを楽しんでいます。

 

最近は、
ウォーキングをする方が、
ほんとに増えてきました。

 

 

ゆっくりとした散歩から始めましょう。

 

 

お一人の方が、
一番多いですね。

 

でも御夫婦やお友達と、
おしゃべりしながら、
ウォーキングする方もいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングでストレスを解消。

 

長い間、私は、
家と会社の行き返りだけの、
生活を続けてきました。

 

しかし、職場での、
配置替えがきっかけになり、
散歩を始めました。

 

実は、配置替えによる、
ストレスが原因で、
体調不良を起こしたのです。

 

 

ウォーキングでストレスも解消できました。

 

今まで気が付かない景色。

 

もちろん、胃腸も弱り、
腹痛の回数も多くなりました。

 

最初は、
気分転換のつもりの散歩でした。

 

でも、散歩をするようになって、
身体の調子が、
次第に良くなってきたのです。

 

散歩をすると、
公園の木々や花々に、
季節の移ろいを感じることができます。

 

散歩をすると、
顔なじみさんも増えてきました。

 

そこには、今まで、
気づかなかった景色がありました。

 

そんなことに触れていると、
いつしか会社でのストレスも、
小さくなっていったのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ウォーキングで腹痛の回数も減った。

 

それと同時に腹痛も治まり、
トイレに行く回数も減ってきました。

 

その時に、私の腹痛は、
やはりストレスが、
関係していたんだなと実感したのです。

 

歩くことは、精神的なストレス解消と、
腹痛治療に効果があったのです。

 

でも、それだけではなく、
歩くことは運動の要素も多くあるのです。

 

じつは、歩くことは、
全身を使う運動なんですよ。

 

そこで、ただ歩くことから、
ウォーキングの要素を、
取り入れて歩くようにしました。

 

 

夫婦でのウォーキング。

 

 

効果のあるウォーキングの方法。

 

それでは、
私のウォーキングの歩き方を、
簡単に説明しますね。

 

あ、それと最初は、
ウォーキングなんて構えずに
気軽に散歩をする感覚で、
始められたら良いと思いますよ。

 

まず、ウォーキングの基本姿勢は、
下腹を引き締めて、
背筋を伸ばして歩くことです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まず最初の一歩を踏み出しましょう。

 

そして、いつもより、
歩幅を広く取り
最初の一歩を踏み出しましょう。

 

踏み出した足は、
かかとから着地しましょう。

 

そして、親指の付け根付近で、
地面を押さえつける様に踏み込み
次の一歩を出しましょう。

 

このようにすると足や腰、
背筋や腹筋を使った運動になるのです。

 

さらに、腕を軽く振って、
歩くと肩や腕の運動にもなります。

 

イチ、ニッ、とリズムを刻むと、
さらに運動の効果が出てきますよ。

 

 

ウォーキングは全身運動です。

 

 

ウォーキングで腹痛の予防。

 

ウォーキングは、
足や腰を使いますので
胃腸の機能向上にも効果があります。

 

さらには、消化管の運動も整えますので、
突然の腹痛の、
予防改善に役立つと思います。

 

ウォーキングは、
精神的なストレス解消
突然の腹痛の予防にもなります。

 

まさに一石二鳥の、
効果が期待できますね。

 

さあ、あなたもウォーキングに、
適した靴に履き替えて、
突然の腹痛の予防効果のある、
ウォーキングを楽しんでみませんか。

 

 

 

 

スポンサードリンク