歩いてストレスに対処しましょう。

歩いて、ストレスを解消する。

 

 

 

突然の腹痛を起こさせないためには、
自律神経のバランスをとって
胃腸の機能を正常に保つ必要があります。

 

そのためには、バランスを崩す
もっとも大きな原因となる
ストレスに対処しなければなりません。

 

すなわち
ストレス解消が
腹痛の予防になるのですね。

スポンサードリンク

 

身体を動かすことが効果的。

 

まずは、ストレス解消に
一番効果があったのは、
身体を動かすことでした。

 

ここでは、身体を動かすと
心身にどんな効果が
あるか考えてみますね。

 

運動をするとストレスを抑える。

 

運動は、自律神経の
バランスを整えると言われます。

 

運動をすると
身体の機能を動かす
交感神経が大いに働きます。

 

その後、運動を止めると
心身を休める
副交感神経が働き出し始めます。

 

この二つの自律神経
交互に入れ替わることで
自律神経のバランスを保っているのです。

 

 

運動で自律神経のバランスを整える。

 

 

運動をすると
自律神経のバランスを整えます。

 

そのことが同時に、
ストレスからの影響を
抑えることにもなるのです。

 

運動すると言っても、
出来ることから始めましょう。

 

お勧めするのは、
歩くことです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ただ歩くより速足で運動。

 

でも、ただ歩くのではなく、
運動をすることを
意識しながら歩くのです。

 

まずは、今まで歩いているより、
速く歩くのです。
これは、簡単でしょう。

 

 

今までより速くあるくことで運動。

 

 

歩き方を工夫しましょう。

 

でもこれだけでも
結構運動になるのですよ。

 

または、背筋を伸ばして歩く、
そして今までの歩幅より、
ちょっと広くして歩くのです。

 

これからは元気で
若々しい印象
周りに与えながら歩いてみましょう。

 

実際に、そんな歩き方をしていると、
不思議と元気が湧いてきますよ。

 

歩幅を広く、
そして速く歩くことで、
ストレスも何処かに行ってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

なるべく歩き、ストレスに対処しましょう。

 

その他にも、
なるべく階段を使って歩く、
ひとつ前の駅で降りて後は歩く、
など色々と歩く機会を見つけてくださいね。

 

昔から「歩くことは、
最高の化粧水
」と言われます。

 

歩くことが、肌や身体に若さを保ち、
ストレスを解消して、
自律神経のバランスを整えるのです。

 

そして胃腸の機能も
正常に保つのです。

 

 

 

 

スポンサードリンク