下痢・便秘は早めに治して腹痛解消。

下痢・便秘への対処法。

 

 

 

突然の腹痛
いつどこで起こるか
わからない厄介な症状です。

 

たいていの腹痛は
安静にしていると
自然に治ります。

 

多少腹痛を
感じても対処せずに
放置しておくことがほとんどです。

スポンサードリンク

 

下痢や便秘は放置できません。

 

ただ、痛みだけなら、
そのような対処も可能です。

 

しかし下痢・便秘となると、
そうは行きません。

 

両方とも、
自分の日常生活に、
少なからず影響を与えてしまいます。

 

 

下痢や便秘は日常生活に影響。

 

 

下痢や便秘は生活に悪影響。

 

下痢が続くと、
外出がしづらくなります。

 

外出先で下痢になると、
トイレばかりに行くことになり、
予定通りの行動が出来なくなります。

 

 

外出先の便秘は困ります。

 

 

また便秘がひどいと、
いつもお腹が張ったようになり、
痛みを感じます。

 

便秘の不快感は、
精神的なストレスにもつながります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

腸内環境を整えましょう。

 

下痢・便秘に対処するには、
やはり規則正しくバランスの取れた、
食生活をすることが大切です。

 

そのためにも、
腸の働きを整えて、
腸内環境を良くしましょう。

 

腸内細菌が働いています。

 

腸内には常に細菌がいて、
腸に運ばれてきた食物を、
分解する働きをしています。

 

その種類は500、
数は1兆個にもなると、
言われています。

 

 

腸内には多くの細菌がいます。

 

 

腸内細菌は、
病原菌から体を守り、
腸の免疫力を上げてくれます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

善玉菌と悪玉菌がいます。

 

ヒトが消化できなかった、
食物を分解する働きを持つ、
善玉細菌と。

 

反対の作用を持つ、
悪玉細菌の、
2種類が存在しています。

 

 

善玉菌と悪玉菌がいます。

 

 

善玉細菌をふやす工夫が必要。

 

下痢・便秘の症状は、
腸内の善玉細菌を増やすことで
ある程度は対処することが出来ます。

 

善玉細菌を増やすには、
ヨーグルトに含まれる、
乳酸菌を摂りましょう。

 

また腸内にいる、
ビフィズス菌のえさとなる、
水溶性食物繊維を摂ります。

 

水溶性食物繊維を含んだ、
昆布、わかめ、こんにゃく、
果物、里芋を摂るのがよいでしょう。

 

腸内環境を整える方法。
関連記事です。
腸内環境を整える方法。

 

腸内環境を
腸内フローラと言います。
腸内フローラを活発にする、
腸活法です。

 

 

 

 

スポンサードリンク