突然の腹痛には様々な症状があります。

突然の腹痛の様々な症状。

 

 

 

急にお腹が、
いたくなるのは困りますよね。

 

大人になると、
仕事のストレスなどで
さらに痛くなる機会が増えます。

 

そんな突然の腹痛の、
種類について紹介しています。

 

少し学術的な、
言葉もありますが、
よろしくお願いしますね。

スポンサードリンク

突然の腹痛には様々な症状があります。記事一覧

誰でもお腹が痛くなることは当たり前のようにありますよね。腹痛はそのほとんどが一過性のものです。お腹が痛くなったからと言ってすぐに医者に行く人はいないのではないでしょうか。

腹痛は現れる症状によっても様々な病気が考えられます。そのなかでも便秘が原因で起こる病気があります。それが大腸憩室症(だいちょうけいしつしょう)です。

ここでは潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)について説明しますね。潰瘍性大腸炎も大腸の粘膜に炎症を起こしお腹が痛くなる病気です。20〜30代の成人によく見られます。

突然の腹痛を伴う病気で多いのが過敏性腸症候群かびんせいちょうしょうこうぐん先進国に多い病気です。もちろん日本でも20〜40代の方に多く見られます。

突然の腹痛は痛む場所によって原因を予測することが出来るます。例えば右側の下が傷む場合は、虫垂炎(ちゅうすいえん)かも虫垂炎は別名盲腸(もうちょう)とも呼びます。

突然の腹痛は痛む場所で病気を推測することが可能です。腹痛で特に下腹部が痛む時は間違いやすいのです。消化器系の病気よりも膀胱炎(ぼうこうえん)にかかっているかもしれません。

突然の腹痛で、下痢を繰り返す時があります。その時は潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)や過敏性腸症候群かびんせいちょうしょうこうぐんの疑いがあるかもしれません。

スポンサードリンク