突然の腹痛の腹部膨満感を食事で治します。

腹痛の腹部膨満感は食事で治す。

 

 

 

突然の腹痛の
原因になるもので
腹部膨満感があります。

 

また腹痛までに
至らなくても
毎日が不快ですよね。

 

ここでは薬を使わず
食事療法で治す
方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

腸内で発酵したものがガス。

 

腹部膨満感の原因は
おなかにガスがたまっているからです。

 

これは腸内にたまりやすい食品の
取り過ぎが考えられます。

 

たまった食品が、
腸内で発酵して、
ガスを発生させるのです。

 

 

ガスは乳製品のとり過ぎが原因かも。

 

 

発酵しやすいものとしては、
乳製品があります。
牛乳、チーズ、ヨーグルトなどですね。

 

体質が乳製品に、
合わないと消化されにくく、
腸内に残って発酵してガスがたまります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

乳製品は身体に合わない人もいます。

 

お腹がはる方で、
乳製品を良く食べる方は、
1週間ほど食べるのをやめてみましょう。

 

次第におなかのはりがなくなり、
ガスがたまらなくなったら、
乳製品が身体に合っていなかったのです。

 

その後は乳製品を、
取る量を減らしたり、
あるいは取るのをやめたりして、
ガスがたまらないようにしましょう。

 

減らした乳製品の栄養分は、
他の食品でカバーしましょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

カルシュウムは他の食品で補う。

 

牛乳をやめるのであれば
カルシュウム分を補うため
他の食品を摂る必要があります。

 

その時は、代わりに。
いわしやししゃも等の小魚
小松菜やモロヘイヤの青葉を摂りましょう。

 

このように腹部膨満感で
ガスがたまりやすい方は
乳製品の摂取量を調整してみましょうね。

 

 

 

 

スポンサードリンク