大腸憩室症は便秘が原因。

大腸憩室症は便秘が原因。

 

 

 

腹痛
現れる症状によっても
様々な病気が考えられます。

 

そのなかでも
便秘
原因で起こる病気があります。

 

それが
大腸憩室症
(だいちょうけいしつしょう)
です。

スポンサードリンク

 

便秘は大腸の圧力を上げます。

 

人は、便秘になると、
大腸内の圧力が上がります。

 

その後に便秘が進み、
腸管の内圧がさらに上がると、
どうなるかと言いますと。

 

大腸の粘膜の一部が、
腸壁の外に、
飛び出してしまうのです。

 

それを、
大腸憩室(だいちょうけいしつ)
といいます。

 

症状がありません。

 

この大腸憩室が、
沢山できたものが、
大腸憩室症
(だいちょうけいしつしょう)

 

その症状は、
腹痛や下痢・便秘・
腹部膨満感
(ふくぶぼうまんかん)
など。

 

しかし、これらの症状は、
時々起こるのです。

 

普段は、
症状があまり現れないのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

実は症合併症が怖いのです。

 

症状が出ないのであれば、
そのまま放置していても、
よさそうですよね。

 

でも時にして、
合併症を、
引き起こす場合があるのです。
これがこわいのです。

 

 

大腸憩室症の症状は時々起こります。

 

 

合併症は、
大腸憩室が出血したり、
また炎症をおこします。

 

この時に、
非常に強い腹痛や、
下痢・発熱が起こります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

食事の欧米化が原因。

 

大腸憩室症の原因は、
便秘による大腸内の、
圧力が上がったことです。

 

なぜ便秘になるのか、
それは、最近の、
食習慣の変化です。

 

すなわち、
食事の欧米化が、
進んだことですね。

 

肉食を多く取るようになり、
食物繊維の摂取量が、
減ったことが考えられます。

 

 

肉食が多くなったことも原因です。

 

 

早めの診察を受けましょう。

 

もし、合併症の症状が、
現れたときは、早めに、
病院で診察を受けてくださいね。

 

また、普段の食事もできるだけ、
日本食のメニューを、
取り入れるようにしましょう。

 

なるべく、
食物繊維の多い食事で、
便秘の予防をしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク