食べ過ぎ・飲み過ぎに注意しましょう。

食べ過ぎ・飲み過ぎも原因。

 

 

 

私は、お腹が痛くなったり
下痢をした時には
「なんか変なものを食べたかな」

 

食べ過ぎたかな」とか
飲み過ぎたかな」とも
思うことがあります。

 

事実、
食べ過ぎや飲み過ぎが
原因でお腹が痛くなることは
良くあります。

スポンサードリンク

 

お腹は食べるものに正直。

 

おなかが痛いときには、
特に下痢になったら時。

 

この食べ過ぎと、
飲み過ぎが、
一番の原因といってもよいでしょう。

 

お腹は消化器の臓器ですので、
口に入れるものが消化することに、
困難であればそれに反応するのです。

 

お腹が痛いという、
警告をだして対処するのです。

 

考えてみると身体は、
特におなかは正直者なのです。

 

 

美味しいとつい食べ過ぎちゃいます。

 

刺激のある食べ物はひかえる。

 

また、刺激の強いものを、
食べ過ぎると、
身体が受け付けずに、
消化を拒否します。

 

消化されなかった刺激物は、
そのまま排泄されますが、
この時に下痢の症状を起こします。

 

消化に悪い辛いものや、
肉類を沢山たべると、
下痢になることがあります。

 

私も焼き肉を食べ過ぎた、
翌日は下痢をするか、
お腹の調子が悪かったりします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

お酒の飲み過ぎにも注意。

 

またお酒の飲み過ぎも、
下痢になることがあります。

 

私もお酒が好きで、
つい「一杯のつもりが
ハシゴ酒」ということがあります。

 

お酒のアルコールは、
水分を吸収しますので、
のどは乾くのに、
お腹の方は下痢になったりします。

 

おまけに二日酔いで、
頭がガンガンと痛いです。

 

 

ビールも飲み過ぎるとお腹が。

 

 

途中でやめる工夫が必要。

 

いずれにしろ腹痛の原因は、
食べ過ぎと、
飲み過ぎが一番多いということです。

 

腹痛の対策は、
何でも過ぎずに、
適当なところでやめておくことです。

 

でも、それが出来れば、
苦労はしませんよね。

 

美味しいものは、
つい食べ過ぎてしまうし、
お酒だってつい、もう一杯と。

 

途中で止めて腹痛に対処する。

 

しかし、お腹は、
下痢の痛みから、
様々な消化器の病気につながります。

 

あなたも食べ過ぎや、
飲み過ぎには、
途中で止める工夫をしましょう。

 

食べ物過ぎの関連記事
食生活を見直して腹痛を和らげる。

 

そして、
突然の腹痛
対処して下さいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク