たっぷりと寝るとお腹が痛くならないかも。

ストレスには睡眠確保で対処する。

 

 

 

突然の腹痛の原因となる
ストレスの対処法
について考えています。

 

ここでは、ストレスの
要因の一つである
睡眠不足についてお話しします。

 

みなさんも
眠れなくなって
困ったことがあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

現代人は睡眠不足が多い。

 

不眠症とまでは、
いかなくても睡眠不足は、
多くの現代人の抱える問題かも。

 

そして睡眠不足から、
ストレスが生まれ、それが原因で、
お腹が痛くなっているかもしれません。

 

 

睡眠を取れるって大事です。

 

 

現代は不規則な生活。

 

今は、仕事や家庭でのストレスや、
悩みで眠れない人が増えてます。

 

深夜営業や、
24時間営業が増えて、
社会全体が夜型に変わりつつあります。

 

そんな中で、
不規則な生活を強いられた結果、
睡眠不足になった人も増えています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ホテルは24時間営業です。

 

実は、私もホテルの、
深夜勤務をしています。

 

宿泊産業は、
眠りの場所を提供する業態なので、
泊り勤務は必ずあるのです。

 

私の場合は、
昼間のホテルセールスの仕事から
のフロント業務に変わりました。

 

昼と夜の生活が逆転したわけです。
変わった当初は、
身体を昼型から夜型に、
慣らすのに苦労しました。

 

 

ホテルのロビーは不夜城に近いです。

 

 

夜に勤務する方も増えています。

 

本来、人間は昼行性の動物なのです。
ですから、お昼に仕事をして、
夜は就寝するのが理想です。

 

でも現代社会のように、
夜型の生活が多くなると、
夜に勤務する方も増えてきます。

 

様々な業種で夜の勤務。

 

ホスピタル産業といわれる、
ホテル・病院・介護施設等があります。

 

夜型社会の安全を守る
警察・警備保障・消防などの仕事。

 

 

夜に勤務する方も多いのですよ。

 

 

流通業などの深夜便等、
多くの方が様々な、
夜の勤務に就かれています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

睡眠時間の確保が問題です。

 

私は、昼と夜の両方の、
仕事を経験しました。

 

そこで、私がお伝えしたいのは、
昼・夜どちらも、
生活のリズムを作ることが大事です。

 

リズムを作ると、
必要な睡眠時間を、
取れることにつながると言うことです。

 

昼の勤務でもリズムを崩さない。

 

昼の勤務であれば
朝の起床時間と、
夜の就寝時間は決められます。

 

ただ、飲み会などで、
朝方近くまで起きていたり、
休みの日は昼過ぎまで寝たりすると。

 

次第に生活の、
リズムが崩れてきます。

 

すると十分な睡眠がとれない、
睡眠不足に陥ってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

夜の勤務でもリズムを保つ。

 

逆に夜の勤務の場合は、
勤務終了後に、
睡眠をとるわけですが、

 

これも就寝と起床の時間を
一定に保っていれば
生活のリズムが作られるのです。

 

お昼の就寝ですので、光の遮断や
夏場の温度のコントロールなどが、
必要にはなりますが。

 

睡眠が私達を作っています。

 

私たちは、眠ることで、
心と身体を休ませるわけです。

 

その間は、
身体を動かすエネルギーの、
消費が少なくなります。

 

同時に身体を作っている、
タンパク質が作られます。

 

それで、そのタンパク質が、
病気にかかりにくい身体を、
作るわけです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

睡眠時間は確保しましょう。

 

睡眠時間は、
人によって様々ですが、
6時間から8時間が必要と言われます。

 

いずれにしろ、
就寝時間が夜であろうが、
昼であろうが、

 

その必要な睡眠時間を、
確保できれば問題はありません。

 

ただし、就寝時間を、
一定に保って生活のリズムを、
作ることが肝心ですが。

 

 

睡眠で必要なタンパク質を作ります。

 

 

生活のリズムを整えることが大事。

 

私は、今でも夜の勤務を、
続けていますが、
なんにも問題はありませんよ。

 

逆に昼から夜に変わった直後
生活のリズムをくずして、
それが強いストレスになりました。

 

そのころは、
いつも腹痛や腰痛に悩まされました。

 

腹痛・腰痛ともにストレスが、
大きな原因とされていますよね。

 

あなたも昼や夜の、
勤務にかかわらずに
睡眠不足を感じているようなら。

 

なおかつ突然の腹痛を、
起こしているならば、
まずは生活のリズムを、
整えることから始めてみませんか。

 

 

 

 

スポンサードリンク