突然の腹痛、潰瘍性大腸炎。

潰瘍性大腸炎は炎症から。

 

 

 

ここでは
潰瘍性大腸炎
(かいようせいだいちょうえん)
について説明しますね。

 

潰瘍性大腸炎も
大腸の粘膜に炎症を起こし
お腹が痛くなる病気です。

 

20〜30代の
成人によく見られます。

スポンサードリンク

 

異常な免疫の反応が原因。

 

潰瘍性大腸炎の原因は、
身体の免疫反応
(めんえきはんのう)
です。

 

大腸粘膜へ、
異常に反応したために、
炎症を起こし血便や下痢などです。

 

なぜ、異常反応するのかは、
食生活等の、
様々な要因が考えられます。

 

またストレスも、
その原因と考えられています。

 

 

腸へ免疫が異常に反応したため。

 

 

気長な治療が必要です。

 

症状は、血便や、
下痢・腹痛などです。

 

病院での、
大腸内視鏡検査で診断され、
その後の治療でよくなります。

 

しかし、この病気の特徴は、
良くなってもまた、
再発することが多いのです。

 

そのために、
気長な治療が、
必要になってきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

放置すると大腸ガンのおそれ。

 

いずれにしても、
腹痛がずっと続くときは、
病院で診てもらう必要があります。

 

また、潰瘍性大腸炎を発症して、
そのままにしておくと、
大腸ガンになる恐れもあります。

 

この場合は、
大腸の摘出を、
しなければなりません。

 

治療を続けることが最も大事。

 

もし、潰瘍性大腸炎を、
発症したら、すぐに、
治療を始めることが大事です。

 

でもそれ以上に、
治療を続けることが、
もっと大事になります。

 

なぜなら、この病気は、
良くなったり、
悪くなったりします。

 

そのために、
良くなった時に、
治療をやめたりするのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ストレスと刺激物は禁物。

 

悪くなったりする原因が、
ストレスであることが多いのです。

 

ストレスを受けない、
または、
ストレスをためないことです。

 

食事もなるべく、
刺激のあるものは、
避けた方が良いでしょう。

 

 

ストレスをためないことも大事。

 

 

気長に治療を続けましょう。

 

早めに専門医に診断してもらい、
日常の生活習慣の、
過ごし方を指導してもらいましょう。

 

突然の腹痛である、
潰瘍性大腸炎は、
長引く病気と割り切りましょう。

 

治療も途中で止めずに、
長く続けていきましょうね。

 

潰瘍性大腸炎の食事療法。
食事で治す方法です。
参考にして下さい。

 

 

スポンサードリンク