たばこの吸い過ぎも腹痛の原因。

たばこの吸い過ぎも原因。

 

 

 

食べ過ぎ
お酒の飲み過ぎ
お腹がいたくなる原因でした。

 

その他にも
たばこの吸い過ぎにも
注意が必要です。

 

実は、
喫煙(きつえん)でも、
お腹が痛くなるのです。

スポンサードリンク

 

たばこは体に悪い。

 

たばこが、
肺がんの原因になることは、
御存じの方も多いと思います。

 

肺がん以外の害については、
ただ身体に悪いという、
漠然としたイメージしかありません。

 

ニコチンは腸にも影響。

 

実は、たばこは、
お腹の調子を整える、
消化器系の臓器にも、
影響をあたえることがわかりました。

 

たばこに含まれるニコチンは、
腸の蠕動運動
(ぜんどううんどう)
を、
必要以上にたかめてしまうのです。

 

その結果、
下痢をおこしてしまいます。

 

お腹にはぜん動運動が必要。

 

ちなみに蠕動運動とは
腸などの消化器系の臓器が収縮して、
食べ物を移動させる動きです。

 

腸の蠕動運動が低下すると、
逆に便秘になってしまうのです。

 

 

たばこの吸い過ぎでお腹が痛くなる。

 

 

お腹の調子を保つためには、
程よい蠕動(ぜんどう)運動が、
必要なのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

胃潰瘍も引き起こす。

 

また、消化器系の臓器と言えば、
胃や十二指腸があります。

 

これらに発症する病気で、
有名なのが潰瘍(かいよう)です。

 

胃潰瘍十二指腸潰瘍などは、
ストレスが原因と言われますが、
たばこも原因の一つなのです。

 

ペプシンが増えると潰瘍。

 

胃液には、
ペプシンと呼ばれる、
たんぱくを分解する、
酵素が含まれます。

 

たばこを吸うと、
ペプシンを増加させる
と言われます。

 

このペプシンが増えすぎて、
潰瘍(かいよう)を作ってしまいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

この際にたばこをやめますか。

 

そんなわけで、
たばこの吸い過ぎは、
消化器系の臓器にも良くないのです。

 

胃腸の調子を、
崩すために、
お腹が痛くなったりするのです。

 

食べ過ぎ飲み過ぎ吸い過ぎ
なんでも過ぎると、
お腹が痛くなるのですね。

 

もし愛煙家の方で、
お腹がいたくなる方がいましたら、

 

この機会に思い切って、
節煙禁煙を、
考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク