たばこは腹痛の原因、それはタールの害

腹痛の原因、タールの害

 

 

 

突然に襲ってくる
腹痛っていやですよね。

 

一般的に腹痛の原因としては
食べ物が考えられます。
でも意外なものもあります。

 

それは喫煙の習慣です。
たばこには腹痛に影響するのです。
有害物のタールなどが含まれるからです。

スポンサードリンク

 

たばこの有害物質が腹痛を起こす。

 

たばこにはタール、またはヤニと、
呼ばれる有害物質が、
含まれていることで有名です。

 

そのために、たばこを吸うことで、
腹痛を起こしてしまうという方もいます。

 

お腹が痛くなる原因としては、
たばこ以外でも、様々なことが、
考えられます。

 

しかし暴飲暴食をしていないのに、
頻繁にお腹が痛くなるという方は、
まずはたばこを疑ったほうが良いでしょう。

 

頻繁にお腹が痛くなるという方は、
たばこの有害物質を吸うことでの、
健康への影響や対処法について、
把握しておいたほうが良いでしょう。

 

 

有害物質のタールが腹痛を招きます。

 

 

腹痛を引き起こすタールの害

 

タールの健康への影響としては、
まず腹痛となります。

 

たばこを吸うことで血管が収縮し、
冷えの症状が出てしまい、
内臓の機能が低下してしまいます。

 

胃の粘膜も荒れてしまうので、
食欲低下の原因にもなります。

 

たばこを吸うのを止めた方で、
体重が増えたという方が多いようですが、
胃が正常に機能し、
元の食欲が戻るためとなります。

 

 

胃が荒れて食欲がなくなります。

 

 

胃酸過多にもなります。

 

たばこの有害物質によって、
胃を刺激してしまいます。

 

そのために、吸い過ぎると、
胃酸過多になってしまう、
可能性も高まるのです。

 

また、タールの他にも、
ニコチンによって、下痢を、
起こしてしまう方も多いようです。

 

 

胃を刺激して胃酸過多にもなります。

 

 

 

一番のリスクは肺がんです。

 

健康への影響は、
様々なものがありますが、

 

一番のリスクとしては
肺がんになってしまう可能性を、
高めてしまうということです。

 

いずれにしろ、
本数を減らす努力を、
されたほうが良いでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

お腹が痛くなる時の対処法。

 

たばこでお腹が痛くなる方は、
胃の刺激を減らすために、
食後に吸うことを心がけてみましょう。

 

空腹時の喫煙より、
食後の方がまだ影響が、
少なくなりますよ。

 

できれば、食後以外に、
吸っていた本数を、
減らしてみてはいかがでしょうか。

 

 

食後に吸うことを心がけましょう。

 

 

半分だけを吸う。

 

半分だけを吸ってから、
残りの半分は、
思い切って捨てる方法もあります。

 

半分だけ吸うことで、
有害物質の吸収を抑えられ、
タールの害も抑えることができます。

 

または、軽く吸うことでも、
有害物質の吸収を、
少しでも抑えることができます。

 

 

思い切って半分で止めましょう。

 

 

禁煙が一番の対処法です。

 

健康診断などで、
胃や腸に潰瘍(かいよう)があると、
診断された場合は。

 

潰瘍にたばこは厳禁です。
潰瘍を悪化させてしまったり、
再発のリスクを高めてしまいます。

 

 

禁煙が一番の腹痛対処法です。

 

 

 

タールの害を抑える、
一番の対処法は、
たばこを一切止めることです。

 

この際、禁煙グッズなどで、
禁煙を試みてみるというのも、
良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク