突然の腹痛、潰瘍性大腸炎の食事療法。

潰瘍性大腸炎を食事で治す。

 

 

 

突然の腹痛の一つに
潰瘍性大腸炎
(かいようせいだいちょうえん)

があります。

 

潰瘍性大腸炎は
腹痛をともない便秘
下痢を繰り返します。

 

潰瘍性大腸炎は
難病に指定されていますので
同様の症状がありましたら
病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク

 

食事の欧米化とストレス。

 

潰瘍性大腸炎の原因は、
食生活の欧米化と、
ストレスが考えられています。

 

発症したら、
完治に時間がかかる厄介な病気です。
潰瘍性大腸炎

 

食事療法は予防に役立つ。

 

ですから、食事療法で効果があるのは
治療よりも予防の方です。

 

予防のための食事療法では、
まず日常の食生活を、
見直すことから始めます。

 

 

見直しとは和食に戻すこと。

 

 

見直しは、
一言でいえば食事内容を、
欧米型の食事から、
日本の昔からの食事に戻すことです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

魚介と野菜を中心にした食事。

 

毎日、お肉料理や揚げ物を、
沢山食べている方は、
これらを減らしましょう。

 

そして、魚介と野菜を、
中心にした食事にかえていきましょう。

 

食物繊維が多いきのこ海藻
腸の便通を良くしますので、
予防効果があります。

 

青魚には動脈硬化の予防。

 

魚介類の中でも、
あじやさば、いわしなどの青魚には、
EPADHAが含まれます。

 

 

EPA・DHCは大腸の炎症を抑えます。

 

 

EPAとDHAには、
血便の原因になる大腸内の、
炎症を抑える効果があります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

EPA・DHAには動脈硬化の予防も。

 

さらにEPA・DHAには、
血液中の中性脂肪値や
コレステロール値を低下させます

 

これらが低下すると、
血流をよくし、
動脈硬化の予防効果もあります。

 

ストレスも一緒に解消。

 

また辛い香辛料は、
腸に刺激を与えますので、
ひかえるようにしましょう。

 

乳製品も摂ってみて、
お腹のはりがみられたら、
身体に合わないのでひかえましょう。

 

さらに食生活の、
改善と同時に、
ストレスの解消も行いましょう。

 

疲れたら休みを取り、
好きな趣味を行ったりして、
ストレスをため込まないことです。

 

 

 

 

スポンサードリンク