腹痛の原因、それはたばこのニコチン?

腹痛の原因はニコチン?

 

 

 

あなたは突然に
腹痛に襲われることは
ありませんか。

 

お腹が痛くなった時に
何か悪いものでも食べたかな、と、
つい口にした食べ物を考えませんか。

 

でも意外なものがあります。
それは喫煙の習慣です。
たばこも腹痛の原因になるのですよ。

 

たばこの有害物質が
中でもニコチンの害が
腹痛をよく引き起こしているのです。

スポンサードリンク

 

最初は脳関門で拒否します。

 

たばこの煙には、
ニコチンや一酸化炭素などの、
化学成分が含まれています。

 

これらの成分が脳へ移動している際に、
脳関門(のうかんもん)によって、
脳が化学成分が入るのを拒否します。

 

このために、初めてたばこを吸った際に、
立ちくらみがしたり、
気分が悪くなったりするのです。

 

 

脳関門が化学成分を拒否します。

 

 

ニコチンも習慣化するのが怖い。

 

しかしたばこが習慣化することによって、
脳関門への通行を、
許可してしまうようになるのです。

 

今度は、脳へ必要な成分として、
認識されてしまいます。
習慣って怖いですよね。

 

 

たばこは習慣化してしまいます。

 

 

禁煙を難しくしている要因。

 

脳が必要なものとして認識すると、
たばこを吸うことで、
一時的にストレス解消になります。

 

しかし、有害物質を、
体内に取り込んでいることに、
かわりはないのですよ。

 

そして、腹痛などの、
身体の不調へとつながってしまう、
恐れがあるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ニコチンが血管を収縮させる。

 

たばこのニコチンは、
身体に様々な害を及ぼします。

 

まず中枢神経や、
自律神経を刺激することで、
興奮状態となります。

 

身体が興奮状態になれば、
血管が収縮してしまいます。この結果、
腹痛などの悪影響を及ぼすのです。

 

しかしそれと同時に、
リラックス効果も実感してしまうことから、
たばこが手放せなくなってしまいます。

 

 

リラックスしても血管を収縮します。

 

 

ニコチンで便が出やすくなる?

 

またニコチンには、
腸の活動を活性化させる働きがあります。

 

便を腸から肛門へと押し出すための、
ぜん動運動が活発になるため、

 

便秘体質の人がたばこを吸うと、
便が出やすいという感覚になります。

 

しかし腸が弱い人にとっては、
たばこは、刺激が強すぎるため、
腸が活発になるどころか、
腹痛を感じてしまいやすくなるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

たばこによる腹痛に対処する。

 

たばこを吸うことで、
便秘改善を実感している人にとっては、
禁煙すると便秘になると思ってしまいます。

 

そんな便秘になるという恐怖から、
やめられないという人も、
少なくないのではないでしょうか。

 

そこでおすすめなのが、
アスパラガスです。

 

 

たばこは腹痛や便秘を引き起こします。

 

 

 

アスパラガスがニコチンを分解する。

 

アスパラガスは、
便秘解消に必要な食物繊維を、
含んでいるだけではありません。

 

ニコチン分解をする働きがあるため、
たばこを吸っていながらも、
禁煙化状態にしてくれます。

 

こうして精神的に安定させながら、
少しずつたばこの数を減らすと、
自然と禁煙につながります。

 

 

アスパラガスがニコチンを分解します。

 

 

やっぱり禁煙が一番ですね。

 

ニコチンによって腹痛を感じやすい人は、
腸が弱っている恐れがあります。

 

そんな時は、食物繊維など、
体に害がないもので腸内環境を、
ととのえるよう考慮することも大切です。

 

 

腹痛への一番の対処法は禁煙ですね。

 

 

しかし、たばこによる腹痛への
対処法となるものは、
禁煙をするのが一番です。

 

この際、腹痛に悩まされるよりは、
禁煙してみてはいかがでしょか。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク