食生活を見直してお腹を冷やさない。

お腹を冷やさないための食生活。

 

 

 

突然の腹痛でお悩みの方でも
お腹を冷やさない様にすると
腹痛の症状が出なくなる方がいます。

 

お腹を冷やさないためには、
毎日の食事の
取り方も大事になってきますよ。

 

また冷たい飲み物を
摂りすぎると
お腹が痛くなる原因になります。

スポンサードリンク

 

冷たい飲み物には要注意。

 

まずは、飲み物には、
気をつけましょう。

 

夏場は冷たいものを、
ゴクゴクと飲みたくなりますよね。

 

それでも、
冷たい飲み物を飲む際には、
一気に飲まない様にしましょう。

 

一気に飲むとお腹をこわします。

 

特にビールや、
発泡酒や炭酸飲料は、
1度にたくさん飲まないほうが良いのです。

 

これは、冷えたビールや、
炭酸が入った飲み物は、
のどごしがさわやかですよね。

 

でも一気に飲むと、
胃腸にとって刺激になります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

冷たいものも気をつけましょう。

 

また、冷たいものが、
一気に大量に入ると、
お腹を冷やしてしまいます。

 

 

ビールは一気に大量に飲むのはNG。

 

 

お腹が一気に冷えると、
腸の機能が低下します。

 

すると運動機能の、
バランスが崩れることがあり、
腹痛につながりますよ。

 

暑い時に温かいバーブティー飲む。

 

氷やアイスクリームは、
口の中である程度溶けますので、
それほど心配はいりません。

 

やはり冷たいものの、
取り過ぎには、
十分に気をつけましょう。

 

冷たいものが飲みたくなったら、
逆に暖かいハーブティーなどを、
時間をかけて飲んでみましょう。

 

するとお腹もじっくりと温まりますし、
おまけにリラックスする効果もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

時間をかけてゆっくりと食べます。

 

また飲み物と同じように、
夏場になると、
冷たい料理も出てきますよね。

 

実は、私は、
麺類が大好きなんです。

 

 

冷やしソーメン、いいですよね。

 

 

特に夏場は、
冷やしソーメンから始まって
ざるそばに冷やし中華など、
冷麺が美味しいのです。

 

ゆっくり時間をかけて食べましょう。

 

それでも、これらを食べるときも、
時間をかけて、
ゆっくり食べるようにしています。

 

他には、サラダや、
冷ややっこ、ところてんなど
冷たい料理もほどほどにして、

 

適量をゆっくりと食べて、
胃腸に刺激を与えない様にしています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

意識して温かいスープを取ります。

 

時には、
スープやシチューなどの、
汁ものをゆっくりと取りましょう。

 

温かい飲物で、
身体をじっくりと、
温めることも必要です。

 

冷たい飲み物や、
食べ物を取るときは、
一気に大量に入れないようにしましょう。

 

食生活でお腹を冷やさない
関連記事
冷え性に食事で対処する。

 

身体を冷やさない様にすることで、
突然の腹痛を予防できますよ。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク