食生活の見直して腹痛に備えましょう。

食生活を見直して腹痛に備える。

 

 

 

突然の腹痛は
下痢便秘からわかるように
食べるものと深い関係があります。

 

食生活を見直すことによって
腹痛を良い方向に
改善することにつながると思います。

 

食べる事は
腹痛のみならず
身体にとっては大事なことです。

スポンサードリンク

 

腸を移動する動きがぜん動運動。

 

食べ物は、
口の中で噛み砕かれ、
食道を通って、胃に送られます。

 

そして胃や小腸で、
消化吸収されます。

 

消化吸収された食べ物の残りは、
大腸を移動して、
直腸より体外へ排出されます。

 

このように食べることは、
胃腸の働きや、
ぜん動運動と密接に関係しています。

 

ぜん動運動は一定のリズム。

 

この食べ物が、
排出されるまでの密接な動きは、
一定のリズムで行われます。

 

 

食べ物が出るまで一定のリズムが必要。

 

 

このリズムが狂うと、
下痢や便秘を、
引き起こすのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

胃腸の動きを一定に保つ。

 

下痢や便秘の対処法として、
摂取する食べ物と、
胃腸の動きのリズムを、
一定に保つ必要があるのです。

 

腹痛は、
その病名ごとに症状が様々です。

 

症状に合わせて
どんな食べ物を、
どのように食べたらよいか、
考えてしまいませんか。

 

下痢と便秘は、
正反対の症状ですよね。

 

でも症状は別でも、
その腹痛の原因となると、
根本的な所では同じなのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

普段の食事を見直すことから。

 

腹痛全般に、
共通して行う治療は、
食べてから一定のリズムで、
排出されるために、
胃腸をうまく動くように、
調整することなのです。

 

ですから突然の腹痛で、
悩んでいる方は、
普段の食事を、
振り返ってみることが大事です。

 

今から、腹痛に備えるために、
食生活をどのような工夫すれば、
良いかを見ていきたいと思います。
一定の時間に食事することは大事。

 

参考にして、
あなたの食生活も、
見直してみませんか。

 

 

 

 

スポンサードリンク